芸術療法としてのアーティフィシャルフラワー(高級造花)

ご存知の方が大半だと思いますが、hanatripは今まで8年間、アーティフィシャルフラワーの専門店として営業させていただいておりました。

そして今年2022年1月より、植物の癒しをお届けすることで、人々の心身の健康はもちろん、世の中がもっと優しく、暮らしやすくなればと、私の花仕事の集大成といえる園芸療法を基にしたhanatrip独自のガーデンセラピーを行うことといたしました。

hanatripのガーデンセラピーの中には以下のようなジャンルの療法を取り入れています。

芳香療法

脳を刺激する嗅覚を使う「アロマテラピー」を使った療法です。

植物の精油(エッセンシャルオイル)を使用し、石鹸、スプレー、オイルなどのプログラムをいたします。

制作後はアロマオイルの薬理作用で気持ちがスッと楽になり、美容にも最適です。

森林療法

実際に森林に行き、森林浴などで癒しを得ることは時間的に難しいです。

ですが、おうちの庭やベランダに出たり、近くの公園なに行って植物を見たり、
触れたりすることでも森林浴の効果と似た気分の改善やリフレッシュができると考えます。

植物を見たり触れたりしながら深く深呼吸してみましょう。

食事療法

育てたハーブを収穫し、料理やスパイスとして栄養を摂取することを通じて、カラダを守り、健康管理を図ります。

ハーブの効用を受け取り、食事療法を通じて健やかなカラダの状態を保ちましょう。

ハーブティーをいただきながら、お菓子作りも楽しいですよ。

芸術療法

hanatripではガーデンで収穫したハーブでクラフト作りや、アーティフィシャルフラワーによる作品づくりをし、言葉で言い表せない心の深い部分を表現していきます。

是非、アーティフィシャルフラワーデザイナーと一緒に可愛い作品を作りましょう。

ご自身で作られた作品をお部屋に飾ったり、日常生活がより楽しくなると思います

園芸療法

ガーデニングの一連の作業で自然との関わりを通じて得られる効果で癒しを得る療法です。

植物を眺めたり、手入れを行ったり、身の回りの自然との関わりを通じて心へのポジティブな効果が得られます。

園芸療法により、コミュニケーションの活性化や園芸作業に付随する運動、食欲の増進などの副次的な効果もあります。

****************************************

というような5つの療法です。
植物を利用してヒトの五感を震わせ、脳を刺激し、心と体に必要な神経伝達物質(セロトニン、オキシトシン、ドーパミン)を出すことで心身ともに健やかに過ごしていただくお手伝いができたらという思いで、日々仕事をさせていただいております。

そして先日はジ・アウトレット広島様より、正面入り口の噴水にお花を浮かべて花手水にするというお仕事もさせていただきました。

画像はこちらです⬇︎

お客様には大変好評をいただいたようで、当初1週間の装飾期間が2週間に延長され、大変嬉しく思いました。
期間中は私も何度も足を運びましたが、いつ訪れても撮影をされるお客様でいっぱいでした。
お母さんが子どもさんとこのお花を一緒に撮っている風景もたくさんでした。
SNSにも投稿してくださっている方もた

子どもさんもこんなにたくさんのお花を見るのが初めてだったのか、テンションが上がり、歓声を上げている子もいました。
ご両親も嬉しそうにされていました。

このように訪れた方に癒しをご提供できたということは、造花ではありましたが、五感に訴えかけた結果と言えるでしょう。

hanatripのガーデンセラピーでは「芸術療法」の一環としてアーティフィシャルフラワー(高級造花)用いて作品作りもいたします。
近年、本物そっくりにできているアーティフィシャルフラワーは、香ったり成長はしませんが、見た目や扱いやすさから、十分に生花の代替として活躍してくれます。
アートとして楽しみ、脳や心を刺激することを期待します。

植物とアーティフィシャルフラワー、美しいものにどんどん触れてみてください。
植物を育てる過程や創作活動からいろんな気づきがもらえます。
自分にとって一番大事なものも見えてきます。

私もガーデンセラピーをお仕事にした途端、自分が見え、一番大切なものもわかりました。
hanatripは植物を通じて、女性の皆さんの人生を納得のいくより良いものにしていただくきっかけ作りができたら嬉しく思います。

植物を楽しめる方をどんどん増やせるよう、新たに展開を考えています。
そして、私一人の力では限界があるので、私と同じように植物の癒しの力を広げてくれる方も増やしていきたいと思います。

今、植物を仕事にしたいんですがどうしたらいいですか?というご質問が増えてきました。
それだけ植物には魅力があるのでしょうね(^^)

身近で、人と植物の関係を体感することから始めてみてくださいね(^^)